スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by なみきたけあき
 
[スポンサー広告
くじら探し



もうすっかりくじらに飽きちゃった皆様

正直どうでもいいとお思いの皆様

何だか期待はずれだったとお思いの皆様

いつも楽しみにしてくれてる皆様


こんばんは、くじら探しの達人

なみへいです。


「オレの心と秋の空」

何やっても長続きしない
僕でしたが・・・
なんと今回で17回目になる
んですね~「くじら探し」・・・
(あ、1回はアザラシだったね)
すごいぞ。感動した。
よくぞ世の逆風に耐えながら
ここまで来たもんだ・・・
自分を褒めてあげたい。

ま、そんなことはどーでもいいわけですが。


見つけちゃいましたねー  くじら

(やや勝ち誇り気味)


「くじらの探し屋」の異名を誇るわたくしですら
約2年半(?)の間気付かなかった
街角に埋没気味のくじら。

ここは何やら島の憩いの場のようだが・・・
隣の99円ショップの駐輪場と化してたりする。

駐輪場・・あいや、憩いの場に
自転車を停めたとき、くじらの目に気付き
「なんじゃこの壁のデザインは?」
ムム?!目? お?!と、こっちが口?!!
お?!! おおーーー!! しっぽーー!!

ほえーーーーーる!!!

ってな感じだっただよ。

200-0017_IMG.jpg


217-1789_IMG.jpg



しかし、くじらの謎は深まるばかりだ・・・

(え?もうご存知で?)

(ぐわっ!)


と言うか、
この中途半端なシッポは・・・
どうなってんの?
やるなら最後までキチンとやってよ!


(耳が痛い)


まだまだ探すぜ~~


つづく
スポンサーサイト
posted by なみきたけあき
 
[くじら探し

thema:写真日記 - genre:日記


キリン



仕事場の窓から見える空の一角に
突如現れた「空を見上げるキリン」

と言っても、ご覧の通りなのだけど・・・

でもなんだか哀愁を帯びている。
どうしてもキリンに見えて仕方ない。

遠き故郷サバンナを想い、空を見上げるのか・・・
別れた恋キリンを想い、空を見上げるのか・・・
お腹減ったなぁ~とヨダレを垂らしているのか・・・

空だけだったら、なんてことない写真でも
キリンが写り込むだけで物語が拡がる。

随分長い間そこに居て
いつの間にか、空とキリンを撮るのが日課になった。

元気のいい夏雲と一緒に撮るのを楽しみにしてたのだが
新年度が訪れて、桜が咲き出した頃
賑やかな音と共に何処かへ行ってしまった。
posted by なみきたけあき
 
[未分類

thema:つぶやき - genre:日記


充実日曜日
9月24日(日)はれ

午前中は仕事で、デザインの修正や
出力なんぞをやりつつ
ラジオ体操第一を3回やる。
仕事にもなんとかメドがついたので
天気も良いし、墓参りでもしながら
自転車で散策でもすんべえ~と
仕事部屋を後にする。
「うっひょ~今日めっちゃ気持ちいい~」
空は秋晴れ、風はひたすら乾いてる。

ううむ、こんな陽気の日は
バイクでぶっ飛びたいが・・・
エンジンもタイヤもなけりゃ
走らんわ。(早く組むぞ!と心に誓う)

家から800メートルほど離れた
お墓に着く。彼岸だしね、賑やか。
お墓が賑やかなのはいいもんだ。

お礼やらお願い事を一通りし、お墓を後にする
と、見たことある猫が一匹
猫じゃらしの前に佇んでいるではないか?!

216-1680_1_IMG.jpg


「んああ?!カルロ!!カルロじゃないかー!!」

数年前、突然仕事部屋に上がり込んで
風呂場で寝ていた仔猫【カルロ・モンテ】
「最近すっかり見なくなったな~
旅立っちまったのかな~」と思っていた矢先
お墓の傍でバッタリ遇った。

すっかり忘れているようだったが・・・
しかし、立派に成長したもんだ・・・
元気そうでなにより!
案外傍にいるもんなんだなぁ~
ここいらは車の通りも少ないし
お墓に来る人に何かしら貰って
食いつないでいるんだろうな。うんうん。

216-1689_1_IMG.jpg


「元気でなー」 

別れを告げる。

「さて、いつもの公園へ行くべ」
自転車を走らせる。

公園に近づくにつれ緑が多くなる。
まだまだ蝉が鳴いている
つくつくほうしに混じって
ミンミン蝉も鳴いてる
公園の入り口にはすでに黄色に染まった
イチョウが一本。

蝉の声とイチョウの黄葉は何とも
季節が入り乱れてる感じで
ワクワクするぜ。

216-1692_IMG.jpg


イチョウを通り越して丘の上を見ると
またしてもオレンジ色に染まった木が
あるではないか! 紅葉か?!
いや、違う 花だ
甘い匂いがするぜ!
金木犀の大木だ。

216-1695_1_IMG.jpg


「で、でけえーー」

しかし、つくつくほうしの合唱と金木犀・・・
これぞ初秋の光景ぞ!

写真じゃ音は聞こえないからな
ここはいっちょう動画で。

つくつくほうし(1.9MB)

木に近づくと、小さめの蝉の抜け殻が
いくつかあるぞ。

217-1711_1_IMG.jpg


たぶんつくつくほうしだな。
夢中で写真撮ってると
足下で夢中に血を吸いやがる蚊が・・・

「ぐおわあー」

刺されないように小躍りしながら写真撮る。

217-1707_1_IMG.jpg


遠くにいる子供たちの視線が熱いぜ。

公園内は日曜日ってこともあり
家族連れで大にぎわいだ!

すいすい~っと走って
コスモスが群生する広場で休憩。
まだまだ咲き乱れとはいかないが
なかなかきれいだぜコスモス!

217-1716_1_IMG.jpg


そう言えば、今は「コスモスまつり」期間中なんだな。

217-1721_1_IMG.jpg


【ちなみに、10月1日、15日は入場料無料だそうですよ!】
(昭和記念公園) その頃はきっと
広場一面コスモスだらけなんだろうな。

(フェリーで来なきゃ・・・独り言)

と、写真を撮っていると
赤とんぼが指に留まった。

217-1734_IMG.jpg


「わお!」

網や籠を持った子供たちの羨望の眼差しに
やや戸惑いつつ何枚も写真を撮る。
しかし、動じない赤とんぼ。

217-1723_IMG.jpg


さすが仮面ライダーV3だ。格好いいぜ!


いや~~
今日は公園に来てよかった・・・

既に充実感に満たされる。

すす~っとその場をあとにし
シャーーっと走って公園を出る。

くじらを探しながらゴーホーム!

と、見つけてしまった!!!
なんということだ・・・
ご先祖様の力を感じる・・・

(次号「くじら探し」乞うご期待!)

仕事部屋に着く

午前中に出力した修正原稿が全てプリントアウト
されていたので、それを代理店に送るため
近くのコンビニまで・・・

いつもはスクーターか自転車で行くのだが
なんだか歩きたい気分だったので、テクテク。

ううむ、やはり歩くスピードは心地よい。
雲と一緒に移動してるこの感じが
「たまらん」

すっかり西に傾いた陽に目をやると
太陽の右に【幻日(げんじつ)】が
現れているではないか!

217-1737_1_IMG.jpg


「ぐ、ぐおおお!
   デジカメ持ってきてよかった!!」

5枚ほど撮ったらメモリがいっぱいになっちまった・・・

「おお、今日は随分撮ったなー」

いや~ なんか立て続けにワクワクすることが
あったからな~~

てか、なんてことない事なんだけど・・・

すっかり心満たされちまった

36歳 秋の一日

でしたとさ。



今日も一日ありがとう
ご先祖様。
posted by なみきたけあき
 
[未分類

thema:写真日記 - genre:日記


Z1000R ケロケロ



前回の日記でブチ切れてた
ケロケロ号くんの
スカスカなお姿・・・。
エンジン、タイヤ・・・つーか
何もかんもないぜ!
おお、哀れケロケロ。

いや、まてまて
違う、違うのだよケロケロ号!
拙者が長きに渡り酷使した故
見るに耐えない姿になってしまわれた
そなたを、今一度生まれた頃の・・・
そう、82年の姿に何とか近づけたいと・・・

その一心で・・・
どうか解っておくれ。

何とか今年こそは・・・


来年で15年の付き合いかぁ~。

北海道走りたいなあ~ ブオ~~ ブオン~


ケロケ:そろそろたのむぜ。
    あとさ、ベンジャミンに
    あまり臭い屁
    嗅がすなよー
posted by なみきたけあき
 
[未分類

thema:改造日記 - genre:車・バイク


もう、あき、秋だぜ。




ベンジャミン(以下:ベンジ)
マルス(以下:マルス)
ケロケロ号(以下:ケロケ)


ベンジ:ところでさ、この僕たちの物語も
    気付けば4作目らしいね。
マルス:うっそ、マジで?
ベンジ:う、うん。まじまじ。
マルス:全然記憶にねー。
ベンジ:え、そうなの。
    ほら、一作目は「火星大接近」の時の
マルス:火星?接近なんかしたか?
ベンジ:したよー。ちょっと何言っちゃってんのさ
    「おお~母なる星火星よー」とか
    言って 泣いてたくせに。マルス君。
マルス:泣いた?俺がァ~? ちょ そりゃあいくら
    なんでも言い過ぎなんじゃね?
ベンジ:ちょっと、マルス君・・・
    なんだかキャラ変わってない?
マルス:え?俺? 変わってねーんじゃね
ベンジ:いいや、変わった。
    なんか軽薄な感じ・・・
マルス:うっそ、それやばくね。ね?ね?
ベンジ:何かあったのか?
マルス:・・・・・・
ベンジ:・・・・マルス君?
マルス:・・・っ うくっ くっ
    うわあああああああああ~~~~
    ああああ~~ん びえええ~~~~
ベンジ:・・・・・
    ちょ、ちょっとマルス君?大丈夫?
マルス:大丈夫なわけないでしょ~~~
    あの人ったら・・・あの人ったら・・・
    ちっともボクのこと描いてくれないじゃない!
ベンジ:あ、そ、そうk
ケロケ:・・・ん~~だよ うるせえなあ~
    人が気持ちよく寝てりゃあよ~
ベンジ:あ、ケロケロ号さん、すいません・・・
    起こしちゃいましたか??
ケロケ:んだよビービー泣きやがって 誰でい?
マルス:うっく・・・ひっく・・・じゅる
ケロケ:あー そのこ白いにーちゃんか・・・
ベンジ:白いって・・・
    あの人がちっとも彼のデッサンを
    描いてくれないそうなんですよ。
マルス:うっ っひ じゅるる
ケロケ:絵ね~  ふ~ん
マルス:ついこの前なんか、ボクという石膏がいながら
    何やら想像で絵を描いたりしてて・・・
    ほんと、もうやってられないっすよ
ベンジ:ナウシカパパか?
マルス:う、うん ひっく
ケロケ:あー あいつはいつも空見つめちゃあ
    思い出したように筆走らせてっからなあ~
ベンジ:ですよね~
ケロケ:ってもよ自慢じゃねえけど
    奴と二人で旅してた時に
    描いてもらったことあんだよ。びっくりだろ?
マルス:え? ホントですか? そんな難しい
    身体を? 
ケロケ:おうよ、あたぼーよ。
    もう14年の付き合いになっからなあ~
    そのくらい描いて当然だろ
ベンジ:へ~あの人もデッサンやるんですね~
ケロケ:でもよ、見つめられるっつーのは
    どうもこっぱずかしくてなあ~。ははは。
    なっつかしいなあ~ 
    オレもあの頃はバリバリ走ってたもんな~
マルス:今の身体は・・・スカスカですね。
    エンジンは・・・どこにあr 
ベンジ:ちょ、マルス君それ言っちゃ・・・
ケロケ:う・・・うっ
マルス:あ、やばっ
ベンジ:ばかマルス
ケロケ:うがああああーーーっ て 
    おめえと一緒にすんな
    こんくらいの事で泣いてられっかよ
マルス:ほっ
ベンジ:さっすが、兄貴! 男の中の男ですね。
マルス:おうベンジャミン、喧嘩売ってんのか?
ベンジ:なんだよー マルスー
    君が戦いの神だからってなー
ケロケ:おいおいバカかおめえら
    そんなくだらねえことで喧嘩なんか
    すんじゃねーよ
ベンジ:・・・・す、すいませんつい・・・
マルス:・・・・ふん
ケロケ:まーなみへいはよー気まぐれな奴だからよ
    付き合い方しらねえと 馬鹿見んぜ
    長い目で見てやれや な~
ベンジ:はい。植木屋から来て1週間で悟りました。
ケロケ:ほー ベンジャミンは肝が据わってんなー
マルス:ところでベンジャミン君・・・
    紅葉きれいだねー
ケロケ:あ、ばかマルス・・・
ベンジ:う・・・うっ・・・ひっ
    びええーーーーーーーーーーーん
    って泣くもんか!
ケロケ:ふっ
ベンジ:僕は常緑観葉植物だから紅葉なんかしないよ。
    最近ちょっと風邪気味なんだよ・・・・
マルス:あ、う、そ、そうだったのか・・・ごめん
ベンジ:あー いいんだよマルス君
ケロケ:ったくあのヤロー
    一度ガツンと言ってやらんとイカンなあ

    それに、いい加減この身軽さにも
    飽き飽きだぜ!
 

posted by なみきたけあき
 
[未分類

thema:写真日記 - genre:日記


今日の空



秋の色・・・

今日は見事な夕焼けだった~

ほんの僅かな時間
たぶん15分くらいだったかな
みるみるうちに染まって
サッと消えた

こんなに染まってるのに
見向きもせずに
歩いている人がいる

もったいないな~
この空は二度と見れないのにな~


この青と金色を見ると
いつもナウシカが頭によぎる

その者青き衣をm・・・・・・・
posted by なみきたけあき
 
[未分類

thema:写真日記 - genre:日記


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。